お祝い 

  

安く挙げる

風船の飾り

一般的な結婚式は非常に高額な費用が必要となってしまいます。 従来の結婚式は新郎新婦の親が主催し、その費用負担も行っていたため、盛大な式が行われる傾向にあり、招待状の主催者に両家の親の名前が書かれているのはその名残となっています。 現在では新郎新婦が主催を行いその費用負担も自分達で行う方が大半となっており、これから新生活を始める新郎新婦にとってはその費用の捻出が困難となっているため、規模が縮小傾向にあります。 使用する結婚式場によって費用に大きく差があり、立地が良く人気のあるホテルなどは非常に高額となりますが、郊外エリアなどの結婚式場などは比較的安価になっています。 そして、結婚式を行うタイミングによって、値段の差が大きくなっています。

結婚式が良く行なわれているシーズンは4~6月、9~11月と気候が安定した時期となっており、それ以外のシーズンは暑すぎたり寒すぎたりといった理由で人気がありません。 そういったオフシーズンは結婚式場側にとっても深刻な問題となるため、空きを埋めるために価格を大幅に安くしたプランを提示している結婚式場が多くあります。 結婚式の費用は披露宴による料理代や引き出物代、テーブルの飾花や招待状、席辞表といった紙媒体など利用者によって変動するものと、会場使用料、ドレスのレンタル代、挙式代など固定のもがあり、値引きが該当するものは固定のものからとなるため、契約時の段階ではっきりとした値引き額が提示されます。 そのため、式場選びの段階で、より値引き額大きい式場をえらぶことでよりお得な結婚式に挙げることが可能となります。