お祝い 

  

メッセージを届ける

風船の飾り

結婚式に参加出来ない場合、祝いのメッセージを新郎新婦に伝える手段として祝電があります。祝電ならば結婚式当日に確実にメッセージを届ける事が可能で、新郎新婦への事前告知も不要なため、結婚式のギフトとして人気が高いです。 祝電の申し込みが可能な電話会社や業者は複数ありますが、お得に利用するためには、そういった祝電を送る会社選びが重要です。文字数によって金額が増減する会社もあれば、文字数が増えても金額が増えない祝電を送る事が可能な会社もあります。文字数が少なければ文字数によって金額が変化する会社を選べばムダがありませんし、文字数が多ければ文字数によって金額が変化しない会社を選ぶべきです。 また、文字だけでなく画像を送る事が可能な会社もあります。例えば画像に文章を書き込んだ場合であっても、それは1つの画像ですので料金は変わりません。 このように、まずは自分が送りたい祝電の文字数を考慮した上で、その文字数に合った会社選びやひと工夫で、お得に祝電を送る事が出来るのです。

結婚式の祝電は文字数や送り方によって価格が変動しますが、文字だけの相場は30から70文字程度で、1000円から2000円程度です。さらに、文字を入れる台紙の料金が必要になり、台紙は0円から3000円程度です。台紙は柄が多いほど価格は高くなりますし、紙質によっても価格は変わってきます。文字と台紙を合わせて考えると、その相場は1000円から5000円程度です。 また、台紙だけでなく、アニメキャラクターやマスコットの人形、ブリザーブドフラワーなどを添えて送る事も可能です。人形は2000円から4000円程度が一般的な価格帯で、ブリザーブドフラワーは3000円から6000円程度で送る事が出来ます。この金額に文字と台紙の価格を加えるので、人形などを添える場合の相場は3000円から10000円程度です。