お祝い 

  

贈り物をする

風船の飾り

結婚式に祝電を送る時、料金はいくらぐらいになるのか気になるところです。おめでたい席だから金額は気にしない、と言いたいところですが、あまり高額ではやはり躊躇してしまいます。最近では「祝電より記念品の方が嬉しい」なんてもらう側の本音も聞かれますが、結婚式に参列出来ない時の大人のマナーとして、祝電は送るものです。誠実さが伝わるよう配慮する必要があります。金額は3千円から4千円が妥当とされ、電報代(50文字程度)千円前後に2千円から3千円の台紙を付けて送るのが一般的です。新郎新婦との関係が密であったり、親族であったりした場合は、台紙をもうワンランク上げるなどの配慮も必要かも知れませんが、あまり高額では相手にも気を遣わせてしまいますので、お互いの関係性を考慮した金額で送るのもマナーです。

結婚式に送るので、もう少し華やかな方がいいと考えたら、刺繍入りや押し花をあしらったものなど、凝った台紙を用いると思います。もちろん、装飾が豪華になればなるほど金額も上がりますし、ここに生花やぬいぐるみ、バルーンなどを付ければ金額は1万円を越える事も。もちろんおまけも多くなればなるほど費用はかかりますが、相手の印象に残る華やかな贈り物にする事も可能です。最近ではお菓子に文字を入れて送る電報などもあり、結婚式で用いられるケースも増えています。マシュマロに1文字ずつ入れて送るサービスもあり、これは業者事に値段が大きく違いますが、伝えたいメッセージを正確に送りたければ二千円以上はかかる計算になります。おまけ付きの祝電が登場して以来、その意味では電報の利用金額は増加傾向にあると言えるかも知れません。


メッセージを届ける

来賓へのギフト

結婚式へ参加できないときには祝電を送る方法がありますが、この方法なら結婚式当日にメッセージを伝えることができます。文字の数や紙質などによって祝電にかかる金額が変動してしまいます。

詳細を確認する

作成してもらう

ボックスにする

結婚指輪は専門ショップで作成してもらうことができ、自分好みのデザインに仕上げることができます。左手の薬指にはめるものですが、凝ったデザインよりもシンプルなデザインが人気を呼んでいます。

詳細を確認する

ウェディング撮影

テーブルコーデ

結婚式の前撮りをすることによって記念撮影をすることができます。披露宴には多額の費用がかかってしまいますが、フォトウェディングならリーズナブルな金額で行うことができます。

詳細を確認する

安い価格で行なう

お酒を飲む

ウェディングドレスの挙式にかかる費用は平均で30万円ほどですが、インターネット検索をすれば安いドレスをレンタル、購入することができます。予算が限られているときは安いドレスを探すと費用負担を減らせます。

詳細を確認する

安く挙げる

抱き合う二人

結婚式は高額な費用が必要になりますが、郊外エリアなど場所によっては式を安価で挙げることができます。オフシーズンには式を挙げる人も少ないですが、人気のシーズンを避けることにより結婚式の費用を抑えることができます。

詳細を確認する